製作の舞台裏!「マーズ火星移住計画」の作り方って?

   

MARS

無料で視聴できるメイキング映像!
映画のDVDなどを購入すると「メイキング映像」が特典になっていることってありませんか?映画の制作風景をドキュメンタリーのように収めた映像です。そのメイキング映像が無料で視聴できるドラマがあるんです!「マーズ火星移住計画」というナショナルジオグラフィックが提供する、ドラマでありドキュメンタリーであるお話です。今回はそのメイキング映像のおすすめ理由をご紹介します。




あらすじ


2033年の近未来。宇宙船ダイダロスに乗り込んだ宇宙飛行士たち6人。彼らは火星での有人ミッション、それも人類初となる試みに挑戦しようとするところであった。そのきっかけは、さかのぼること17年前の2016年・・・。

というのがドラマ「マーズ火星移住計画」のあらすじ。そのドラマのメイキング映像がドキュメンタリー形式でいまここに登場する。あのシーンはどうやって作られているのか?各制作陣の思いは?ここでしか見れないもうひとつのドラマ。

キャスト

製作総指揮:ロン・ハワード
映画プロデューサー:ブライアン・グレイザー
ハナ・スン、ジュン・スン:キム・ジヘ(1人2役)

NASA長官・チャールズ・ボールディン
科学者:ニール・ドグラース・タイソン

メイキング映像ならではの見どころは?

マーズ 火星移住計画
出典:http://natgeo.nikkeibp.co.jp/

普段あまり見る機会のないメイキング映像。見どころやおすすめポイントは?気になる点をお伝えします。

ナショナルジオグラフィックの映像力

ドキュメンタリー専門チャンネルであるナショナルジオグラフィック。今回このドラマの制作にかなり本気!2016年時点で発覚している火星に関する事実をもとにして、2033年に「ここまで技術が進歩しているだろう」という想定をもとにこのストーリーを考えているんです。その甲斐あって、「リアルすぎる」という声が続出しました。

宇宙の重力をどう表現する?

宇宙をテーマにした映画やドラマで気になるのが「重力をどう表現するのか」ということ。普通だったら何だかとても難しそうですし、想像すらつきません。しかしこのメイキング映像であればその様子もバッチリ見れちゃいます!制作の舞台裏って何だか見るだけでワクワクドキドキするんですよね。

監督、デザイナー、美術・・・各制作者の舞台裏!

メイキング映像での醍醐味はやっぱり「制作者の声が聞けること」!いったいどんな思いでこのドラマを作ったのか?いったいどういう意図があるのか?推測も楽しいですが、実際の思いを聞くとまたドラマの見方が変わります。しかもこのメイキングは監督や美術さんなどだけでなく、NASAの長官まで!いろいろな職業の舞台裏が垣間見れるので、映像関係の仕事に興味のある学生さんには特におすすめです。

最後に

近い未来に実際に行けるようになるかもしれない火星。壮大な宇宙ドラマの制作舞台裏。どちらもあまり身近でないものだけに必見の価値ありです!メイキングを先に見ても後に見てもドラマを楽しめますよ。ぜひチェックしてみてください。

 - 映画