ジブリ卒業生が送る「メアリと魔女の花」ジブリと似ているって本当?

   

メアリと魔女の花

【スタジオポノック】最新作!ジブリ卒業生が作る映画の見どころは?

ジブリを巣立ったスタッフによって作られた【スタジオポノック】の最新作「メアリと魔女の花」。公開直後は「ジブリと似ている」などという声が多くありましたが、実際はジブリとは全く異なる、新しいストーリーの流れでとても感動しました。その理由とはいったい何なのでしょうか?




あらすじ

「魔女、ふたたびー。」

赤毛の女の子・メアリは赤い館村に引っ越してきたばかり。1週間後に遅れてやってくる両親が到着するまでシャーロット大叔母さまの家にお世話になっていた。

田舎の村で退屈な日々を過ごしていたある日、メアリは森で不思議な花を見つける。庭師・ゼベディからその花が“夜間飛行”というものであることを教えてもらい大切に保管したメアリ。実はその花は赤毛の魔女が昔に魔女の国から持ち出した禁断の花であった。

そんなことも知らずにメアリはある日、森で不思議なほうきを見つける。そしてさらに、“夜間飛行”の不思議な力によりほうきで空を飛ぶことができてしまった。しかしコントロールが出来ず、気が付くと見たこともない土地に飛んできてしまっていた。それは魔法世界の最高機関「エンドア大学」。校長のマダムに見つかりひょんなことから入学することになってしまったのだが・・・。

キャスト

監督:米林宏昌

メアリ:杉咲花
ピーター:神木隆之介

マダム・マンブルチューク校長:天海祐希
ドクター・デイ:小日向文世
赤毛の魔女:満島ひかり
フラナガン:佐藤二朗
ゼベディ:遠藤憲一
バンクス:渡辺えり
シャーロット:大竹しのぶ

ジブリ卒業生の最新作!「ジブリと似ている」という噂は本当なの?

メアリと魔女の花2
出典:https://movies.yahoo.co.jp

スタジオジブリを巣立ったメンバーで作られた【スタジオポノック】の最新作「メアリと魔女の花」。その内容はジブリっぽさを感じさせつつも、まったくちがうストーリーの作品でした。その理由をご紹介します。

まったくの別物!ジブリ卒業生【スタジオポノック」の最新作

この映画はスタジオジブリを巣立ったメンバーで作られた【スタジオポノック】が製作しま
した。そのメンバーゆえなのか、公開直後は「ジブリっぽさが抜けていない」「『魔女の宅急便』とそっくり」という声が多く上がっていました。

確かにほうきで空を飛ぶシーンやゆるいキャラクターがたくさん出てくるシーンなど、ジブリっぽいと思う場面は多々あります。それに今回は魔女や魔法世界という『魔女の宅急便』とよく似た設定です。

しかし、鑑賞してみるとストーリーや流れは全くの別物でした。なぜかというと、今までのジブリ作品は「人とのふれあいによって主人公が変わっていく」という流れが定番でした。例えばキキが町の人とのふれあいでまた空が飛べるようになったり、ハウルがソフィーと一緒に過ごす中で性格が変化していく様子など。

それに対して今回は「メアリが自分と向き合うことで成長していく姿が描かれている」と私は感じました。今までは何をしてもダメで自信のなかったメアリが魔法という力を借りて、自分で友だちを助けようと奮闘するのです。変わっていく様子を描いている点は同じでも、変わり方は全くの別物。そのため、私は「ジブリとはまたちがう」と鑑賞後にしみじみ感じました。

色づかいがキレイ!現実世界と魔法世界の境界線

この映画はメアリが過ごす“現実世界”とエンドア大学のある“魔法世界”の2つが舞台となっています。私はこの2つの世界が「色づかい」によって明確に分けられていると感じました。

例えばメアリが住む現実世界。ここは田舎の街ということもあり自然の描写が多く、緑のような優しい色がよく使われています。それに対してメアリが迷い込む魔法世界はファンタジーの世界。黄色や紫といった派手な色がよく使われており、現実世界の後にみるとちょっと目がチカチカするくらい。

まったく対照的な2つの世界ですが、この境界線が明確なおかげで「今は魔法世界にいるんだな」など分かりやすくなっていました。色のセレクトもとてもキレイで目をひかれるのでぜひ注目してみてください。

バンド・SEKAI NO OWARIが歌う主題歌「RAIN」が世界観とマッチする


この映画の主題歌「RAIN」はバンド・SEKAI NO OWARIが歌っています。私はこの抜擢がとても意外でびっくりしましたが、映画の世界観と曲がぴったりハマっていました。

私はSEKAI NO OWARIはあまり映画やドラマの主題歌は担当しないのかなと思っていました。というのも、独自の世界観を持って曲作りをしているバンドなんだと思っていたので、映画などの主題歌となると世界観を映画に寄せるのが大変そうだと感じていたのです。

そのため「意外だなあ」と思いながらの鑑賞だったのですが、結果的にボーカル・深瀬さんの歌声と優しい曲調がとても映画にマッチしていました。今まではあまり曲を聞かなかったのですが、これを機に他の曲も気になって聞き始めたくらい。音楽にもぜひ注目してみてください。

by カエレバ

最後に

スタジオジブリの卒業生で制作された【スタジオポノック】の最新作。「ジブリと似ている」との声が多く鑑賞前は不安でしたが、結果的に全くの別物でした。頑張るメアリにとても勇気づけられますよ。ストーリー以外の景色の色づかいや音楽といった部分も素敵なので、ぜひ一緒にチェックしてみてくださいね。

 - 映画