「ボク、運命の人です。」1話のあらすじネタバレ!見逃し動画の無料視聴方法!

      2017/05/21

ボク、運命の人です。

もし「運命の人」がこの世にいるとわかったらどうする!?




「ボク、運命の人です。」1話のあらすじ

春から7年の静岡勤務を経て東京の会社に転勤してきた正木誠(亀梨和也)。同僚や上司にも恵まれ、歓迎会も開かれます。
 
その席で、古くから知る同僚に、誠の女運の無さを暴露されてしまいます。
誠と付き合って5ヶ月で25kg太ってしまった元カノ
誠がお風呂に入っている間に誠の財布からお金を抜く元カノ
同僚や上司の方々は衝撃を受けます。その歴代の彼女にもですが、それらを許してしまってきた誠にも。

しかし、誠は「今は良い彼女がいる」と良い、とても美人な彼女との写真を見せて、皆を安心させます。

誠はある日、彼女を迎えるために家を掃除し高いシャンパンを買って帰宅します。そこにいたのは見知らぬ男(山下智久)。自らを「神」と言い、誠を驚かせます。神であることを信じない誠に、神は「残念ながら君は騙されている」とテレビをつけると、美人局(つつもたせ)をおかしたとして誠の彼女は警察に連行されていました。

誠はまたも彼女に裏切られてしまいます。自問自答するように「なんでこんなに女運が無いんだ。前世で悪いことでもしたのか」と打ちひしがれます。そこで神は言います。

「運命の相手がちゃんといる。だから運命が邪魔をして正しい道に戻そうとしている。」

ある人が誠の運命の相手だと言う神。その女性は胡月晴子(木村文乃)だと。自称「神」が言うには
30年後のある日、地球に隕石が落ちてきてしまう
その時に地球に接近する隕石をずらして地球を救う人がいる
その人はその功績のおかげでノーベル平和・物理学賞を奇跡の同時受賞する
その功績を残すその人こそ、正木誠と胡月晴子の子供だと「神」は言うんです!

 しかし、誠は晴子の名前を言われてもわからない、面識がない、と言います。そこで「神」はある証拠を見せます。

・砂浜で水着を着た少年少女がこちらを向いてピースをしている写真
これは偶然、砂浜で知り合いになり、砂山を作り、人生で初めて母親以外に手を握った誠と晴子でした。

・誠の部屋にあった、ただの鉛筆
大学の受験の時に筆箱を忘れた誠、その誠に鉛筆を貸してくれた後ろの席の女の子、それが晴子だったのです。

・2017年、今年の初詣の写真
一見、誠と友達しか写ってないようですが、よく見ると隣に絵馬を持った晴子が!
  
二人はこんなにもニアミスを繰り返していたのです!しかも晴子の会社も同じビルの隣の部屋ということもわかります!

誠は半信半疑ではありますが晴子の存在が気になり始めます。

一方の晴子は、誠の存在も「神」の存在も知りません。
同僚の四谷三恵(菜々緒)と食事をしては、結婚や好きな人の話になります。

ボク、運命の人です。2

マーケティング会社に勤めているからか、少し冷めているような、現実的な性格のようです。過去に辛い恋愛をしたことが多く理想のタイプは

「地に足のついた、自分の身の丈に合った人」

だそうです。
冷めている印象ですが、初詣の写真を思い出して神社に行った誠は、晴子の絵馬を見つけ、そこに書いてある「運命の人と出会って結婚できますように」という言葉を見つけます。

晴子も運命の人を待っていたのですね!
 
それまで同じフロアでも全く接点がなかった2人でしたが、ある日帰りのエレベーターが一緒になります!エレベーターに2人きりです。1階に着いて、先を行く晴子についに誠が言います。

「あなたはボクの運命の人らしいです」

運命の時が来た!と思いきや

「ハァ?」

という反応の晴子。その後、誠は晴子に証拠の話をしたりしますが、どうも信じられない晴子。

「神」いわく、2人のニアミスはこれだけではない様子です。1話の最後に思い出された誠の思い出には2人の間に現れる新しい登場人物、定岡光圀(みつくに)(満島真之介)が少しだけ登場します。

誠に拒否反応を示している晴子と、運命の相手と共にしたい誠。そしてそれをとりまく環境など、これからも過去の2人のニアミスや晴子が運命を信じるか、知りたいことがいっぱいですね!

「修二と彰」が「亀と山P」になって帰ってきた!

 やはり亀梨くんと山Pが共演となるとアレを思い出しますよね!「野ブタ。をプロデュース」。調べてみたら、あの作品は2005年のものだったようです。あの頃は高校生のお二人でしたが、12年を経て、亀梨くんは今やサラリーマンです。年月を感じますね〜。
 私が注目したのは亀梨くんの演技でした。一時期ジャニーズで流行った、先輩の演技、身のこなし方の真似?があったんですよね。亀梨くんもその一人で、どうしてもクセが出るというか、そういう面がジャニーズ全体であって少し苦手だったのです。でも久しぶりに演技を拝見したらものすごく良くなっていましたし、亀梨くん独自の色も出ていたと思います。
優しくてちょっとお人好しなそんな亀梨くんと、つかみどころがない山P。このコンビネーションは新しくて面白いですね。山Pは大体いつもつかみどころがないですけどね。笑

 12年を経て、この二人のコンビネーションを楽しみたいですね!!

もり
生粋のテレビっ子です!深夜番組を愛してやみません。

 - ドラマ