知らない日本!多様な視点から「PRIME JAPAN」が日本を紐解く

      2017/06/07

PRIME JAPAN

寿司からネコまで!多様な視点から見る日本って?

「日本を象徴するものや特徴について説明してください」
急にそう言われて説明できる人が、今の日本にいったいどれくらいいるのでしょうか?あなたは説明できますか?この「PRIME JAPAN」はそんな日本について、様々なテーマから紐解いていくドキュメンタリー番組です。それだけでなく、おもしろすぎるテーマや、ナビゲーターさんが外国人の方であったりと、新しい視点を提供してくれる番組でした!その見どころやおすすめポイントについてお伝えします。アマゾンプライムオリジナル作品のため、視聴には登録をお忘れなく!




あらすじ


日本と言えば何を思い浮かべるだろうか?寿司や侍、お寺などだろうか?
4Kならではのキレイな映像で日本を紹介するこの企画。一般的な日本のイメージだけでなく、近年の新しい日本についても切り込んでいく。ラーメン、JAPAN DESIGN、日本酒、禅。さらに、それらのテーマに対して歴史、職人、現場といったさまざまな切り口から、ナビゲーターのジョナサンとナレーターの常盤貴子が解体していく。彼らが見た「日本のこころ」とは?改めて日本を知るドキュメンタリー。

キャスト

監督:日下宏美
出演(ナビゲーター):ジョナサン・シアー
ナレーター:常盤貴子

「PRIME JAPAN」が新しい視点を与えてくれる3つの理由

PRIME JAPAN-2
出典:http://www.tbs-v.co.jp/

どうしてこの番組が新しい多様な視点を与えてくれるのか?その理由や見どころを3つお伝えします。

ナビゲーターはアメリカ人!

「『日本』について紹介する番組なら、やっぱり日本人が紹介するのでは?」とみなさん思うのではないでしょうか?しかし、この番組ではアメリカ人のジョナサンが日本文化について切り込んでいくのです。

もちろんナレーターや監督は日本人です。しかし、日本人以外の方が紹介することで、「こういうことが外国の人は疑問なのか」と、文化の違いをよりはっきりと認識することが出来るのです。特に、エピソード1の「寿司」で外国人さんたちが生魚をみて顔をしかめるシーンは見ものです。

歴史や製造過程まで!多角な視点からのアプローチ

この番組はただそのテーマとなる対象物がどのようにして作られたか、淡々と説明するだけではありません。1つのテーマに対して歴史や製造過程、職人へのインタビューなどかなり多くの視点から紹介しているんです。そのため1回約60分とドラマ並みのボリューム!日本全国、いろいろな土地へ取材に行くスタッフさんたちに「ありがとう」と伝えたくなります。

寿司、神社、ネコ?!多様なテーマ

この番組のもう一つの魅力はそのテーマの多さ!寿司や神社、日本刀といった伝統的なテーマから禅やラーメン、はたまたネコと言った驚きのテーマまで!でも視聴してみると、「確かに日本らしいかもしれない」と納得できるんです。それぞれ1話完結なので、気になるテーマから見れるのもうれしいポイントですね。

最後に

2020年の東京オリンピックまであと3年。これからもどんどん訪日外国人が増えることが予想されています。私たちが日々の生活の中で接する機会も増えていくでしょう。そのときにしっかりと日本について答えられるようになりたいものですね。そのためにもこのビデオでいろいろな視点から日本を学びましょう!視聴にはアマゾンプライムの登録をしてくださいね。

 - ドキュメンタリー