写真家が映像?「RAKUEN 三好和義と巡る楽園の旅」が与える癒し

      2017/06/07

RAKUEN 三好和義と巡る楽園の旅

絶景が味わえる!「RAKUEN 三好和義と巡る楽園の旅」
写真家が映像を撮る。「そんなことあるのだろうか」という内容のこの作品。ドキュメンタリーというあまり多くはないジャンルですが、たくさんの絶景が広がる素晴らしい映像作品でした。「旅行に行きたいけど行けない」「海外旅行が好き」そんな方におすすめです。




「RAKUEN三好和義と巡る楽園の旅」の概要


楽園をテーマに作品を撮り続けてきた写真家・三好和義。その彼が今まで写真におさめた土地をゲストと共に再訪し、今度は映像として切り取っていく。定番観光地のバリやフィリピンからケニアやアブダビといった日本人に馴染みのない土地まで、その土地のビーチや街並み、世界遺産、ときには現地の人の生活や仕事までを映していく。ゆったりとその土地を味わいながら三好は何を感じているのか?Amazon Primeが提供する有名写真家のオリジナルドキュメンタリー作品。
  

キャスト

写真家:三好和義
ナレーター:塚本晋也
各回ゲスト(旅人):細谷理沙、豊田エリー、脇田恵子など
  

「RAKUEN 三好和義が巡る楽園の旅」の見どころ

RAKUEN 三好和義と巡る楽園の旅
http://rakuen344.jp/

どの回からも視聴可能!

この作品、どの回からも視聴できちゃうんです。全11回のシリーズものではありますが、ドキュメンタリーのためどの回も1話完結。しかも1回40分ほどなので空いた時間にパパッと見ることができるんです。
ドラマだと1話から順番に見ないとストーリーがわからなくなってしまったりまとまった時間に一気に見ようとしたり、何かと大変ですよね。でもこの作品なら通勤や休憩などのちょっとした時間に、しかも気になる回から視聴することができます。

さらには土地のセレクトも秀逸。日本人に人気の観光地であるバリなどのアジアから、あまり行く機会のないケニアやエジプトといったアフリカ大陸、アブダビといった中東の国まで!馴染みがないからこそ見入ったり、1回行ったことのある近い土地でも新しい魅力を発見できたり・・・。様々な視点を提供してくれます。特にタヒチのビーチがきれいなので必見です。

ドローンで撮る最高の映像

最大の魅力は何といってもその映像のきれいさ。4Kの最新技術で撮られた映像のため、どの景色も目を奪われます。また、回の始まりは上空から撮影したような映像で始まるのですが、これはドローンで撮影されているのです。知名度はあがりつつも、まだまだ日本では馴染みのないドローン。あの映像を見るとドローンのイメージがグッと身近なものになります。

最後には観光地情報も

映像はもちろんですが、観光地情報も提供してくれます。毎回最後の3分ほどにその回に登場したホテル、名所、美術館などの場所と名前を一気に流してくれます。「あのホテル良かったけどなんていう名前だったっけ」と鑑賞途中に気になることありませんか?そうなったときも大丈夫!巻き戻さなくても最後に伝えてくれるので安心して見続けることができます。映像に集中できるのは嬉しいポイントです。

  

最後に

いかがでしたか?有名写真家の作品というと「何だか難しそう」と思いますがそんなことはありません。映像がとてもきれいなので、ただただ感動しながら視聴することができました。1回30分なので通勤などの隙間時間にもおすすめです!ぜひこの機会にAmazon Primeに登録して見てみてください。

 - ドキュメンタリー